Page 1
標準

夜明けの鴉が羽ばたくとき

2015年8月末日。
東京ミッドタウンの眼前となる六本木の地で、多くの人達から惜しまれながら約7年にわたる営業活動の幕を閉じようとしているBarがある。

Night Gallery Cafe Crow
http://cafecrow.net/

明けない漆黒の夜はない。

明けない漆黒の夜はない。

漆黒の空間に集う人々、交叉するアートとカルチャー。
そんなコンセプトで活動してきた同店は、いままでに様々な尖端カルチャーに触れ発信し、数多くのアートに彩られてきた。
新進気鋭のアーティストやクリエイターから様々なカルチャーを発信してきたプロフェッショナルに至るまで等しく扱いを受け、この小さなBarという空間に流れる空気を客と共に共有し、その作品性を晒した。

そこは単なるギャラリーではない。
最小単位の社交場であるBarに設けられたギャラリーだ。
世俗的な会話に満ち溢れ、世俗的な目からは好奇と欲求の視線が注がれる。
アーティストやクリエイターにとって、通常とは異なる評価が下される場所になるかも知れない。
客はおもいおもいに作品を眺め感想を述べる。
誰に対して、というわけではなく素直な気持ちを呟く。
アルコールの力で、普段は語らないアートについて言葉が漏れる客もいる。
かしこまる必要のないギャラリーだった。

また、このBarでは性と性カルチャーの多様性にも深く言及していた。
好奇やファッションの観点ではなく、崇敬の念に近い「フェティッシュ」という観点から様々な性や、そこに紐付くカルチャーに焦点を当て続けた。
時に世俗的に、時に学術的に、時に文化的に様々に。
そこで交わされる会話は、夜が更けるほどに深まり、そして誰もが真摯に耳を傾け言葉を繋いだ。
そんな深まるBarの夜に救われた客も数知れず。
つまり、そこで初めて価値観を共有できる出逢いがあった、心を開いて告白できる場ができた、そういうことだろう。

様々な価値観を示し、そこにまつわるかすかな声を繋ぎ、希望を紡いだ「漆黒の夜」のBarがもうすぐ、消える。

店主は「明けない漆黒の夜はない。」そう表現する。
そうか、これは7年にわたる長い夜だったのだ。
夜明けと同時に眠い目をこすりながら、客達は9月1日の朝陽を浴びるのだろう。
一番鶏よりも早起きの、夜明けの鴉が羽ばたくのと同時に。

夜は明け朝が来る、やがて陽は沈み夜が訪れる。
それは繰り返される。
店がかたちを喪っても、そこで生まれたカルチャーは繰り返され磨かれる。
だから、夜明けは始まりだ。

 

―開業した丸翌年からこの店と付き合い始めた。
ここでは多くの人と出逢い、多くのカルチャーに触れた。
その中で醸成された価値観や広がりを見せた知識もある。
Crowとの出逢いは人生に於いて、貴重な接点だったと思う。
様々なものと繋がり視野を広げるための接点だ。
大森店主、深く感謝しています。

標準

アンダーグラウンドジャパノロジー

11190702_1435225710111931_2050092688_n

D坂辺りのあやかしの裏路地にて、幻という名のカフェーへ参る。

文化系喫茶店 Cafe Gallery 幻
http://cafegallerymaboroshi.com/

ここ、谷根千でちょっと話題になったお店。
そこで開催されているアンダーグラウンドジャパノロジーという合同展に行ってきた。

《和》を舞台とした《エロス》或いは《グロテスク》或いは《エログロ》、それらが具現化された絵や立体の作品展。

というテーマだそうで。
合同展の主催者は一度お目にかかったことがある人で、友人も作家として参加しているのでたのしみだった。

コンパクトなお店の中の壁一面がギャラリーでした。
360度一廻りすれば終わってしまう、もっとたくさん観たいという気にさせるイントロダクションをもたらす展示でした。

まさにイントロダクション。
興味のはじまりから作家への関心に心が動く。
Good!

標準

KID’O KURAGE ラバーの可能性展

7/14大久保の軍艦ビルにある「どっきん実験室ギャラリー」にて開催されている、KID’O KURAGE ラバーの可能性展に行ってきました。 この日が初日とあってレセプションが開催されて、そこにも参加してきました。

6階のギャラリーではKurageさんの代表的な制作物が展示されていて、細部に至るまでよく見ることができ仕事の正確さや緻密さに何度もびっくり。 貼り合わせの数や色の重ね方など何度も見て、その狂いそうなほど延々とした細かな作業が目に浮かび立ち眩み。 本当にすごい職人芸だと思います。 硬派なKid’oさんのしなやかで繊細な部分がそういう複雑で精緻な仕事を生み出しているんだろうなと感じました。

普段、それぞれ衣装所有者のみなさんが「着た」状態でしか見れないわけですが、展示されているとなんだか違った雰囲気に見えて新鮮。 そして、デザインを見ると、着ている人の姿が目に浮かび、これはいつお披露目したものだったかな、など記憶も甦る。

レセプションには、よく知った顔の方が沢山いらっしゃっていました。 久しぶりに会えて嬉しい! Exhibition自体がコンパクトながら素晴らしく、それ以上に着ていたお客さんがみんな良い人ばかりでとても良い空気が流れていました。

レセプションの最後はKid’oさんのトークショウでした。 Kid’oさんがトークショウってなんだかすごく意外! すごくシンプルにわかりやすく考えやコンセプトをお話しされていました。 本当は難しいことを沢山考えていてでもそれを率直に話しても万人に伝わるものではない…ので、誰が聞いても意味が素直にとれる表現をされていた感じがします。

いろいろな意味で、ためになった1日。

Kurageさんはもうすぐ新しい店舗に移転されるとのことで、新たな進展のための全仕事振り返りっていうところもあったのかしら、と。

どっきん実験室を主催されているデザイナーの円奴さんがラバーを着ていたせいなのかいつもとは少し違った女子的オーラが出ていてとても可愛らしかったです。 司会を務められたマーガレットさんは、すごく丁寧にわかりやすく進行されていて、Kurageについて詳しく知らない人にも充分に理解しながら話を聞いていける素晴らしいイントロダクションでした! レセプショニストとして参加されていたNaomiさんの笑顔やららみぃさんの軽妙なお出迎えで、来場されたお客さんがみんなパッと明るい表情になるのが楽しくてずっと眺めてました。

すごく気持ちの良い空間と時間でした。 こういう時間は短くても楽しくて心によいね。