Page 1
標準

Steve Jobs

最近、スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の本を立て続けに読んでいる。
特にMac Userってわけでもなく(Mac用のPCソフトウェアは過去に作っていたが)どちらかというと参考書代わり。
いまプロダクトやサービスを創って仕掛けていくという仕事をしているが、クリエイターというわけではなくどちらかというとセールスやプランニングが中心。
ただ自分自身で手を動かすこともあるのでそのすべてという場合もある。
自分流のやり方やポリシーや経験は明確でその通りやってきてはいるけど、似たような立ち回りで大きな仕事をやっている人の経験を参考にするのは良いことなので彼の伝記などを参考にしている。
色々読んでいると、他人が言うようにパフォーマンスの巧さや表現力の高さがある。
でも、劇的な言動や振る舞いよりも重要なのは、シンプルに相手に伝わるようにしていることと、自分の言葉を信じて話すことで相手を納得させるということ。
難しいことをやろうとすると難しい話になってしまうが、これをシンプルに伝えて相手がヨシやろうという気になるよう「その気にさせる」技術は重要だ。
人に動いてもらうにはそれが一番重要だ。How to本よりも彼の話を読んだ方が自分に合っていると思う。

彼が若い頃手にしていた林檎は、いまやiPhoneに。新しいシンボルって感じですね。


なんとなく哲学者か何かの肖像画のようになってきた。