11月のラバーブース

11月のDEPARTMENT-H ラバーブース。先月に引き続き盛況でした。
連休なか日、ラバー関連パーティーなども開催された週末ということもあり、遠方からのラバリストも多く参加した一夜でした。

しかし、この日が熱かったのはそれだけが理由ではなく、ほぼ数日前までUKのTORTURE GARDENを熱狂させたKurageの新作ラバー&若林美保さん(わかみほ)のパフォーマンスの凱旋公演ともあり、期待が高まった一夜だったでしょう。
わかみほさんのステージは5分ほどとやや短めでもっと観たい! と願った人も多かったのではないかと思います。
ロンドンでは山桜桃さんと一緒のパフォーマンスで着用した「ラバー白無垢」は、話題となる通り美しいシルエットで間近で見たいと思った人も少なくないはず。

この日はステージを終えたわかみほさんがサプライズでラバーブースを訪れ、即席の撮影会も催されみんな喜んでいました。

ブースマスター らてさん、わかみほさん、ブースミストレス 大谷ひろみさん(どうもおかしなことになっている)の当日の様子。
重厚なラバーコート、Rubber’s Finestの重装備でヘビーラバリストを体現しています。

こちらは全身像。全身を通した重厚さというのが重要なポイントです。

わかみほさんのステージの様子。
ラバー白無垢はすぐに脱いでしまいましたが非常に美しい、Kurageの正確性と創造性が発揮されたものでした。

この日は最後の最後にフープ東京 AYUMIさんのかっこいいステージもありました。
引き締まった美しい身体による表現は観た人の心を震わせ、ときめかせるものでしょう。