サエボーグ個展「Pigpen」でブタを見る

14533753_196015674170934_5435627764193427456_n 14712416_209642866134940_8633033768476606464_n 14727721_345887749079176_7099349256867151872_n

ROPPONGI HILLS A/D GALLERYで開催されていた「Pigpen」という個展兼Liveアートを観に行ってきた。
これはラバー界隈の人気者、いまや岡本敏子賞受賞者のサエボーグさんのなかなか大規模な発表の場だ。

お馴染みのラバーのブタさん達が登場する「Pigpen」という作品。
まさに、養豚場から出荷されて食肉にされてしまうブタさん達の出生までの時点に遡った世界観。

養豚場見学や、豚の生涯などの知識があるとより楽しめる作品だと思う。
ここでいう「楽しい」とは愉快という意味ではない。

しかし、迫力ある展示作品だが、ブタが好きなわたくしはでかいブタがたくさん見られてうれしかった。

14583295_1804680526442271_3640028579141517312_n

14709433_1773422139587893_1454259339261902848_n 14723467_314147245620854_1297244715128717312_n

 

サエボーグ
http://saeborg.com